経験は人を何倍も強くする

アレンジメントフラワー

日本だけではなく世界にある珍しい植物を探して運ぶ仕事をしている人がいますが、プラントハンターと呼ばれる人こそ西畠清順です。具体的にどのような仕事をしているのかというと、クライアントからオーダーされた珍しい植物を探して持ってくるという、ハンターという異名そのものの仕事になります。オーダーを受けたからといっても、危険が伴う大自然に対して戦いを挑む形になるために、経験値や洞察力も必要となり決して簡単なことではありません。プラントハンターとしてのキャリアは15年ありますが、これが経験豊富なのかどうかというのは結果が示してくれることです。経験を積むことは判断力を磨くことに繋がる為に、仕事は常に意識をして取り組んでいるからこそ成果を上げることができます。

リスクがあるからこそ

プラントハンターに植物をオーダーするという感覚は、本当に欲しい人や育ててみたいという欲求に駆られている人からきます。世界を旅する西畠清順にお願いをする場合には、まずどのような条件で自分の欲している植物があるのかを知ることから始まります。また珍しい植物が手元に欲しいと感じていてもなかなかできないのは、その植物が近くにないからとか危険が伴うという条件があります。今の時代、インターネットで簡単に手に入るものとは違って、リスクがあるものはハイリスクでありハイリターンでもあるということです。西畠清順は誰かが必要としてくれる限りプラントハンターの誇をもって取り組んでいるので、いいことも悪いことも受け入れてくれます。

プロジェクトを成功させる

地域活性化のために緑化計画を考えている団体などは、西畠清順にお願いすることを検討することも一つの方法になります。プロジェクトを成功させるためにいろいろなアイデアを持っていますし、何よりも仕事においては実際の行動によって示してくれます。世界にある珍しい植物では現地の人とコミュニケーションを取らなくてはいけないのですが、言語をすべて話せるのかというとそうではありません。その中でいかにコミュニケーションを取り相手から枝を切るための許可を得るなど、想像のつかない世界で行動をしていることがわかります。特に大木などは移動費用だけでも数千万円かかることがありますので、輸送コストなどを考えると動いているお金なども想像を超えているといえます。本気で地域活性を考えていたり植物を使った大きなプロジェクトを考えているのであれば、プラントハンター西畠清順では力になってくれますし世界の植物を知る良いチャンスです。

広告募集中